【キャッシュフローゲーム3度目の参加】ゴールしてみて感じたこと

その他

私は、3度目のキャッシュフロー会で

ようやくゴールをつかみ取る事が出来ました。

キャッシュフローゲーム会①②をまだ見ていない方は

▼コチラからチェックをお願いします。

キャッシュフローゲーム会とは?メリットとは?怪しい?初心者で参加したみた
「キャッシュフローゲーム」とは、『金持ち父さん貧乏父さん』でおなじみのロバート・キヨサキ氏が考案したボードゲームです。簡単に説明すると、✓人生ゲームのようなボードゲーム✓金融や財務、投資等のお金に関する知識が学べる✓貸借対照表や損益計算書を...
【キャッシュフローゲーム2度目の参加】現実世界とリンクするお金の使い方
私は、2度目のキャッシュフロー会に参加しました。なぜなら、「キャッシュフローゲーム」へは最低でも5回参加する事が望ましいとのことです。徐々にお金持ちへの感覚が掴めてくる一方現実世界に置き換えた時のむずかしさも理解するきっかけになりました。も...

キャッシュフローゲーム会に参加してみてわかった事はたくさんありますが、

今回一番の学びは、普段の生活で株や不動産等手が出せない理由は、

もちろん『お金』もありますが、

『リスクを冒したくない』という事でした。

私は、今回3度目でしたが同じテーブルには

キャッシュフローゲーム2度目の参加者さんもいました。

私にもこんな時代があったなぁ・・・と思いながら見ていたのですが

・株の買い方が分からない
・不動産の買い方が分からない
・お金を借りるのは、少ない方がいい
私も前回のキャッシュフローゲーム会では、正直オドオドしながら
株や不動産を「いりません」と言っていました。

くま

やり方がまず分からないんですね。それで手元のお金には限りがあるので、リスクも冒したくないし。

レーズン

ゲームとてお金を失う事は怖いしね

しかし、ゴールを勝ち取るためには、

株を買って資産を増やし

不動産を買って不労所得を得るしか方法はありません。

現実の世界でも同じですね。働かずしてお金を稼ぐ方法は

「不労所得を得ること!」

キャッシュフローゲーム会・3度目の参加

私は、今回3度目ということもあり少し手慣れた様子で

キャッシュフロー表を書き始めました。

やはり3度目となると前回、前々回の悔しさで

気合120%くらいでした。

しかし今思うと、ゲームを通して現実世界でも役立ちそうな

『学び』があったので、今回もまとめることにしました。

借金をしないとラットレースからは抜けられない

キャッシュフローゲームでは

『銀行からお金を借りられます』

現実世界でももちろんお金を借りる事はできますが、キャッシュフローゲーム会ではお金を借りる際にルールがあります。

①毎月借りたお金の10%を利子として返す

②お金は、いつ返しても良い

③借りる際は、$1000単位!

例えば下記のようなカードが出てきたときに

✓ 価格・・・$40,000
✓ 頭金・・・$4,000 ←この頭金をまるまる借りる
✓ ローン・・$36,000 

$4,000の頭金をまるまる借りてしまいます。

そうすることで借金する事になりますが、不労所得も月々入ってきますし、

売れる可能性もあるため、立派な『資産』となります

✓ キャッシュフロー(不労所得)・・・$140 ←毎月ポケットにチャリン♪
✓ 売れる可能性あり・・・$45,000~$65,000 ←売れたらドカン!

不動産は基本的に借金してから購入する事になる

 

頭金さえ払えればOKなんだけど、

頭金つくるよりも先に不動産カードが来ちゃうからね

人生に悩んでいる時間はない

ゲームには『失業する』コマがあります。
自分のターンが2回お休みになるので、時間がかなり目減りします。
その間他の人たちの人生をぼーっと見ているしかありません。
また、ぼーっとしている間も生活費の支払いはしなくてはいけないので、
更にダメージが加わります・・・・。
悩んでいる時間があったらとりあえずやってみる!

改めて学びました。

 

株わからな~い!って言っている時間を

株の動画や本で勉強してみるってのも有りだよね

 

グサー!!今年こそやってやるぞ~!

何度も打席に立つ

挑戦しないと損も負けも無いですが
成功もないんです!
私は今までこのゲームに出会うまでは、打席にすら立たず
失敗した人を見て「やっぱりやらなくてよかった・・・!」
と胸をなでおろす日々でした。

打席に何度も立つからこそ試行錯誤を繰り返し

見えてくる世界がある。

失敗は必ずする。でも失敗するなら早いうちが絶対いい。

キャッシュフローゲーム会3回目に参加してみて

今回参加者は3名でした。

それぞれ違う戦い方で勝負していた気がします。

慎重に様子を見ている人借金しない人

私も前回まではそうでした。

今もリアルな世界では、そうだと思います。

慎重に様子を見ている人は

株の購入時に、「2株試しにかってみます。」と言い

その後、4倍にも跳ね上がりもっと購入しておくべきだったといっていました。

借金しない人は

借金をせず、不動産の頭金を手持ちのお金で支払い

BIGディール($6000が手元にないと引けないカードのこと)を引くチャンスを逃していました。

3度目参加しないと見えない世界があった

今回私はラッキーでした。
家を購入し、上手に売却する事が出来ましたし、
さらにBIGディールでも不動産を購入する事ができました。
そして、同じテーブルでゲームをしていた2人が失業マスに着地してしまい2度休む事になっていました。
その中私は悠々とラットレースを抜け出していったのです。
しかし、たしかにラッキーもあったのかもしれませんし、
バンカーのアドバイスもあったのも確かですが、
今回は自分で言うのもなんですが”気合”がすごかったです。
改めて感じたことは本当に単純ですが、
①迷わないこと
②全力をだすこと
③挑戦すること
人生においてとても大切な感覚を
言葉だけでなく自分の体験として感じられたゲームでした。
この熱が冷めないうちに、
リアルの世界でも様々な事に挑戦し、
自分なりにラットレースを抜け出してみようと思います。
※とりあえず、リスクは怖いのでまずつみたてNISAはじめました(笑)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました